お金を借りる場合の金利とは?

お金を借りる場合、一番気になるのはやはり「金利」の問題ではないでしょうか。
「できるだけ低金利で借りたい!!」と誰もが考えるでしょう。
それにはまず金利の仕組みを正確に理解しておく必要があります。

 

「借入を利用しているけど、金利についてあまり知識が無い」というのでは、思いもかけない負担が発生する可能性もあります。どのようにお金を借りる場合でも、まずは借入前に金利についてしっかり理解を深めるようにしましょう。

 

金利とは?

一般的に、お金を借りると借入した金額に対して、一定の手数料を支払う必要があります。この手数料のことを「利息」といい、いわばお金を借入するための「レンタル料」のようなものです。

 

そしてこの「レンタル料」がいくらになるのかを示すのが「金利」となります。

通常、金利は「18.0%」「15.0%」というように「%」つまり割合で示されます。

 

例えば「金利18.0%」であれば、借りた金額に対して18.0%の利息を支払う必要があるということになります。

 

借入の際の金利は、基本的に「年利」で示されます。
つまり借りたお金に対して、1年間でどれだけの利息が発生するのかを示しています。

 

金利表示には「年利」の他に「月利」「日歩」などがあります。
文字通り「1ヶ月」「1日」での利息の発生割合を示していますが、一般的な金銭契約でこれらが用いられることはまずありません。

 

 

キャッシングやカードローンでは、「実質年利」が用いられるのが一般的です。
金融機関が融資を行う場合には、様々な費用が発生してきます。

 

例えば「融資手数料」「事務手数料」「保証料」といった費用が、利息以外に発生することがあります。これらの費用負担をあらかじめ含んで示しているのが「実質年利」の意味です。

 

つまり利用者側としては費用負担がわかりやすいものになっているといえるでしょう。
ただしキャッシングやカードローンの利用の際、提携ATM使用料などは別途負担する必要もあります。

 

またこれらのローン商品で「実質年利」ではなく、単に「年利」とだけ表示されている金融業者にも注意しましょう。一見低金利に見えても、契約の際に様々な費用負担を強いる危険性があります。

 

利息の計算方法

年利を用いた利息は、次の計算式で計算されます。

・利息=借入元金×金利(年利)÷365日×借入日数

 

 

例えば100万円を年利18.0%で1ヶ月(30日)借りた場合の利息は、次のように計算されます。

・100万円×18.0%÷365日×30日=1,479円

1ヶ月後に100万円を一括で返済する場合には、借入元金100万円に合わせて利息1,479円を支払う必要があるということになります。

 

 

この利息額をできるだけ低く抑えることが、上手な借入といえるでしょう。
それには次の3点がポイントとなります。

  1. できるだけ借入金額を少なくする→必要以外の借入は控えるようにしましょう。
  2. できるだけ低金利で借入する→様々な借入先・商品の情報をたくさん入手して比較・検討を行うようにしましょう。
  3. できるだけ早期に返済する→余裕がある分は、できるだけ返済に充てるようにしましょう。

 

金利の上限

貸出による利息収入は、貸出先にとって利益の基本となるものです。
当然金利が高いほど利息収入も多くなりますが、無制限に金利を高めていたのでは、利用者にとってもたまったものではありません。

 

中には「どうしても借りなければいけない」状況の方もおられるでしょう。
そのため当然ながら、金利の上限は法律で定められる必要があります。

 

現在日本では、金銭契約に関する上限金利は「利息制限法」により定められています。
「利息制限法」では借入金額に応じて、上限金利が次のように制限されています。

  • 借入金額10万円未満→年利20.0%
  • 借入金額10万円以上100万円未満→年利18.0%
  • 借入金額100万円以上→年利15.0%

 

これ以上の金利を要求する金融業者は違法業者となります。

大手金融業者ではまず問題ありませんが、街中のいわゆる「闇金」と呼ばれる金融業者には、これ以上の法外な金利を要求してくる先もありますので注意しましょう。