お金を借りる場合のリボ払いの危険性

お金を借りた後の返済方法として「リボ払い」という言葉をよく聞くのではないでしょうか。最近のキャッシングやカードローンでは、多くが「リボ払い」の返済方法を導入しています。

 

取扱金融機関も「リボ払い」のメリットを強調して宣伝していますが、本当にリボ払いは便利なものなのでしょうか?

 

リボ払いとは?

借金の返済方法には、大きく「分割払い」と「リボ払い」の2種類があります。

 

「分割払い」とは借金の返済期限をあらかじめ設定しておき、その返済期限に合わせて毎月の返済額を決定する方法です。一方「リボ払い」とは毎月の返済金額をあからじめ設定しておき、借金が無くなるまでその金額を返済していく返済方法です。

 

毎月の返済金額が借金の残高に応じてスライドしていく「残高スライドリボ払い」などもありますが、あらかじめ借金の返済期限を定めておくことはありません

 

一般的なリボ払いの返済金額は毎月5,000円〜10,000円程度です。
いくら借金があろうと、毎月の返済は例えば5,000円となるシステムで、わかりやすく返済も簡単と思えるかもしれません。

 

リボ払いの危険性

一見便利なように思えるリボ払い。
消費者金融のCMなどでもその便利さが強調されています。
「スマートな人ほどリボ払い!!」という感じで宣伝を行っている金融業者も多くあります。

 

しかしリボ払いには、裏には大きな危険をあることを覚えておきましょう。

その理由はリボ払いで発生する利息に関係しています。
すこし極端な例で説明しましょう。

 

例えば50万円のリボ払いのカードローンを利用しているとします。
年利が15.0%とすると、1年間に発生する利息は約75,000円です。
これを1ヶ月にすると6,250円となります。

 

ここで毎月のリボ払いの返済金額が5,000円とすると、永久にカードローンの残高が減らないことになります(逆に利息分が上乗せされていきます)。

 

通常はこのような状態に陥ることはないように毎月の返済額が設定されます。
しかし仮に毎月10,000円の返済だとしても、その大部分は利息に充当され、元金が全然減らないことになります。

 

仮に毎月10,000円の元利均等返済の場合、返済回数は79回(6年7ヶ月)、返済総額は約789,500円にもなります。これは追加借入を行わないケースであり、途中で借入を利用した場合はさらに返済期間が延びることになります。

 

カードローンは借入限度額の範囲内であれば、基本的に何度でも借入を利用できます。
しかしつい油断していると、いつまでたっても残高が減らずに利息負担だけを返済していく状況にも陥りかねません。

 

リボ払いは単なる後払いと勘違いされている方も多いようですが、このような危険を伴うことをしっかりと理解しておきましょう。