消費者金融からお金を借りる

街中には大小様々な消費者金融の店舗や無人契約機を見かけることができます。
最近ではゴールデンタイムにも大手消費者金融のCMが放映されるようになりました。
有名タレントを起用して、独特のフレーズでお茶の間の人気を集めています。

 

消費者金融と聞くと「法外な金利」「強引な取り立て」といったマイナスのイメージを持たれる方も多いかもしれません。しかし法律の整備や規制の強化により、今では安心して利用できるようになっています。

 

私たちの身近な金融機関として、上手に利用していきたいものです。

 

消費者金融のメリット

手軽さ

消費者金融を利用するうえでの最大のメリットは「手軽さ」です。
そのほとんどが「即日融資」に対応しており、文字通り申込を行ったその日に借入を利用できるようになっています。

 

必要書類も少なく、非常にスピーデーな借入手段として定着しています。
急な出費などにも素早くまとまったお金を借入できますので、本当にありがたい存在といえるでしょう。

 

借入方法にも様々なものが整っています。
店頭窓口の他、インターネット、電話、郵送などの方法から自分の都合や生活スタイルに応じた方法を選択できるようになっています。とくに「無人契約機」は、銀行などではあまり見かけない申込方法といえるでしょう。

 

審査基準が緩やか

消費者金融は銀行ローンと比べると、審査に合格しやすいとされています。
「銀行ローンでは不合格となったが、消費者金融で合格できた!!」
このような声をたくさん聞くのは、消費者金融の審査基準が銀行ローンに比較して緩やかであることを示しています。

 

既に他社でいくつかの借入を利用されている方でも、2〜3社程度であれば、十分合格できる可能性もあるでしょう。

 

ただし消費者金融は「総量規制」の対象です。
他社を含めて「年収の3分の1」を超える借入は利用できませんので注意しましょう。

 

消費者金融のデメリット

金利が高い

審査基準が緩やかな分、銀行ローンに比較して金利が高めに設定されています。
消費者金融の主力商品である「カードローン」では、商品自体の最上限金利、最下限金利ともに数%高くなっていますので、適用金利も高めとなることを覚えておきましょう。

 

わずか数%の差でも、最終負担額には大きな差が生まれてきます。
より計画的な利用が重要になってくるでしょう。

 

悪徳業者に注意

最近の消費者金融は安心・安全に利用できるようになっています。

しかしいつの時代でも悪徳金融業者の存在を抹殺することはできません。

規制の網をかいくぐって、営業を行う悪徳業者、すなわち「闇金」には注意しましょう。

 

もともと法律を順守するつもりがありませんので、非合法な手段で貸付を行っています。
一見低金利の提案を受けても、契約の際に様々な手数料を請求することもありますので注意が必要です。

 

  • 「ブラックでもOK!!」
  • 「誰でも即融資可能!!」
  • 「無審査でお貸します!!」

 

このような宣伝を行う消費者金融には要注意です。

 

どうしても借りたいという消費者心理を巧みに利用してきますので、決して騙されないようにしましょう。消費者金融を利用する場合は、よく知られた大手先を候補に考えるようにしておきましょう。