お金を借りる場合の担保とは?

お金を借りる場合に活用できる手段として「担保」を挙げることができます。
「担保」を活用することで、低い金利でたくさんのお金を借りることが可能になることもあります。

 

金融にあまり精通していない方には馴染みの薄い「担保」について考えてみましょう。

 

担保とは?

担保とは難しい言葉で「債務の履行を確実とするために権利者(債権者)に提供される事物」と表現されます。

 

お金の貸し借りにおける「債務の履行」とは「借りたお金を返済すること」で、権利者(債権者)とはお金を貸す側のことを指します。「提供される事物」が「担保」のことで、大きく「人的担保」「物的担保」の2つに分けることができます。

 

人的担保

債務者(お金を借りる側)以外の方の財産を担保とすることです。
このことを約束するのが「保証人」となり、万が一借金を返済できない状況になったときには、保証人が代わりに返済することを約束することになります。

 

保証人が代わりに返済することを「代位弁済」といいます。

 

「保証人」には、一般個人の他、会社や法人の形態も含まれます。
銀行などの個人ローンは、その関連会社の保証会社がローンの保証人となるのが一般的です。

 

物的担保

特定の財産を差し出すことで借金の担保とするものです。
代表的なものには「不動産担保」があります。
その他「預金担保」「証券担保」「自動車担保」「年金担保」などの種類があります。

 

物的担保の権利は、難しい言葉で「抵当権」「質権」「譲渡担保」などと呼ばれています。借金の返済が滞ったときには、あらかじめ差し出されていた「物的担保」を処分することで、借金の回収を行うことになります。

 

担保と金利の関係

一般的に「担保」は貸し手側(債権者)にとっては、貸したお金を回収できる可能性を高める働きがあります。そのため、有担保の借金と無担保の借金を比較した場合、有担保はリスクが低く、無担保はリスクが高いということになります。

 

リスクが高いということは、それだけ高いリターンを貸し手側は要求する必要があります。このようなリスクに対する上乗せを「リスクプレミアム」といいます。

 

金銭契約の場面では、「リスクプレミアム」は「金利」で補われることになります。

つまり無担保の借金は、それだけ金利が高くならざるを得ないことになります。

 

例えば住宅ローンなどの有担保ローンと、カードローンなどの無担保ローンを比較した場合、どうしても無担保ローンが金利が高く設定されることになります。

 

 

お金を借りる場合、担保とできるような物品があれば、そのようなローンを活用したほうが、より低い金利でお金を借りることができるわけです。

 

 

例えば次のようなケースを考えることができます。

  • 保有する不動産(自宅・土地・建物など)を担保にお金を借りる→不動産担保ローン
  • 従業員持株会の株券を担保にお金を借りる→証券担保ローン
  • 保有する自家用車を担保にお金を借りる→自動車担保ローン
  • 預けている定期預金を担保にお金を借りる→預金担保ローン

 

担保として取り扱っている種類は、各金融機関により異なっていますので、一度相談してみましょう。